ホーム >> プログラム

プログラム

看護師養成校の教育プログラム

中国での看護師の養成状況
中国の大学では看護学院又は看護学科を設置し、看護人材の養成を行っております。学制は3年制の専科(短大に相当)、4年制、5年制の本科(大学に相当)、さらに修士資格を取得できる7年制があります。
いずれも中国の看護師国家試験を受験することができます。
中国の大学はほとんどが国公立で、全国に向け学生募集をしております。毎年6月に中国全域で大学入学統一試験が行われ、その一回の試験の成績で進学先が決まります。4年制以上の本科の進学率はおよそ30%、3年制の専科以上の進学率はおよそ62%で、競争が非常に激しいです。その統一試験を経て看護学院又は看護学科に進学した学生は目標を明確に持ち、成績も優秀です。
教育目標
確かな医学基礎理論と、看護学基礎理論および基本技能、そして幅広い人文社会科学の知識と技能を養成しております。さらに、患者の健康状態を評価分析して、患者に生理、心理、社会、文化などの要素が健康にどのような影響を与えるのかを教えられる能力、外国語でコミュニケーションをとり、初歩的な科学研究をする能力も養成し、各診療科専門看護、看護管理、看護教育、地域健康指導、予防保健など、日本の保健師の一部職域にも従事できる幅広い看護の人材を養成しております。
主な履修科目
人体形態学、人体機能学、病理学、微生物学、薬理学、看護学導論、健康評価、看護学基礎、健康教育学、内科看護学、外科看護学、産婦人科看護学、小児科看護学、老人看護学、伝染病看護学、地域看護学、予防医学 等。