ホーム >> ご挨拶

ご挨拶

人々が、病気や怪我に過度に怯えることなく暮らせること、即ち、必要時に適切な医療を受けられること、これは、この世に人間として生を受けた者が幸福に過ごすために不可欠のことであり、社会の安定や平和のための基盤でもあります。これを全世界で実現する一助を行いたい。公益財団法人国際医学教育財団は、このような考えを持った者が集い、自分たちが一助をなし得る分野を検討した結果、その名のとおり、医療と教育分野における国際的人材を支援・育成することを目的として設立されました。

現実に目を向けますと、日本では、医療関係者の長年の努力や健康保険制度の充実により、世界有数の水準の医療を大多数の国民に提供する、高度な医療機関が全国的に存在する体制が築き上げられてきました。世界に誇りうることと考えます。
しかしながら、現在、医療を支える人員の不足、殊に、看護・介護分野の実働人員不足が顕在化しつつあり、個々の医療機関の体力を奪い、医療水準自体の低下が危惧される事態となっております。もはや、日本国内では、潜在的人材も枯渇しつつあると考えざるを得ない状況にあります。医療現場の維持・向上のため、抜本的なスキーム変換による人材確保は喫緊の課題となりつつあります。
他方、アジア等の諸国では、経済発展に伴い医療インフラを整備中です。設備・器具・薬剤等ハード面については、経済力の向上に応じて導入することができる反面、医療関連の人材育成については、一朝一夕には参りません。これには、先進的医療現場で経験を積んだ者を、一定数導入することが有効と考えられます。しかし、先進的医療現場は日本を含む先進国に偏在し、経験を積む機会が確保されているとは言い難い状況です。
また、医療従事者としての潜在的資質を持ち、適切な教育を得たならば活躍し得るであろう膨大な数の人材が、学資不足のため埋もれてしまっている、という現実もあります。

このような現状認識の下、アジア等の諸国で、医療従事者としての意欲と素質を持つ人材を見いだし、資格取得時の日本人に遜色のない水準に育成する。その後、一定期間日本国内の医療現場で経験を積むことで、本人に先進的な水準を身につけて頂くと同時に、日本の医療現場の人材不足解消にもつなげる。日本の医療現場で先進的水準を身につけた後は、出身国で指導的立場に就く等、身につけた力を発揮して、世界中の医療水準向上に貢献して頂く。このようなスキームを考えるに到りました。
このスキームは、本人にも出身国にも日本にも世界にもメリットがあります。このスキームを持つに到ったことも原動力となり、本財団設立にこぎ着けることができました。

現状認識に申しましたことは、中国に典型的みられます。また、人口が膨大な上に漢字能力を有する等、他国出身者に勝る日本への対応力があり、最適な人材を揃えることができます。本財団関係者の基盤も中国にあります。
このような事情から、当初は、中国の医師や看護師の国家資格を持つ中国人医療従事者を対象に、日本の医師や看護師の国家資格を取得するための教育・生活支援を行います。
その後、他国にも活動範囲を広げるとともに、我が国の看護大学、看護学校等の医療教育機関に学ぶ学生への支援及び研究者への研究支援等にも活動領域を拡大していきたいと考えております。
本財団では、設立理念に基づいた活動を着実に進めて参りました。今後も、より積極的に活動したいと考えておりますが、皆様方の力強いご支援なくして、本財団が活動することは不可能です。何卒、本財団の理念や活動にご理解とご賛同をいただき、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

理事長 松尾 英孝